「ありがとう」の気持ち? | 東進ハイスクール 二子玉川校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2021年 5月 29日 「ありがとう」の気持ち?

 

こんにちは!!お久しぶりです。

 

この前入学したばっかりだったのに気付いたら3年生…。

 

東進二子玉川校で担任助手を始めて早3年。

 

今日は、そんな節目に「ありがとう」のブログを書きたいと思います。

 

 

 

私が人生において大切にしている価値観として、

 

「他者のために動ける人。考えられる人。手を伸ばせる人。」

 

になる事を大切にしています。

 

もちろん、自分のために動ける人、頑張れる人はとってもかっこいいし

 

素敵だと思います。

 

けれど、「他人のために」できる人って心底自分に余裕があって

 

視野が広くないとそこまでできないと思います。

 

その為もあり、私は「自分のために」頑張れるキャパシティーを超えた

 

「他人のために」できる人になりたいと高校生の頃から漠然と考えていました。

 

東進の担任助手もそんな存在だなぁと思います。

 

自分が高校生の時に担当して下さった担任助手の方は、

 

本当に親身に相談にのってくださり、一緒に喜んでくれたり、悩んでくれたり、

 

素直にすごいなと尊敬できる方でした。

 

大学に入ってからも、自分の担任助手の方は憧れの存在で

 

私もあんな人になりたいと思い、ご縁があり二子玉川校で2年間働かせていただけました。

 

実際に働いてみると、想像以上の苦労やうまくいかない事がありましたが、

 

総じて頑張っている人の背中を押したり、応援したり、サポートすることに対して

 

やりがいがものすごく多くあったように思います。

 

高校生の皆さんに与えたものより、私が皆さんから得たものの方が多かったかも

 

しれません。

 

受験が終わって

 

「私のグループミーティングでよかった」

 

「あの時に相談に乗ってくれてすごく嬉しかった」

 

など言ってくれた生徒もいて

 

その度にこの仕事をしていてよかったなぁ

 

と感じていました。

 

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

私自身の話で申し訳ないのですが、

 

私は自分に対してものすんごく負けず嫌いで(笑)

 

何かこれを成し遂げたい。と決めたことに対して達成できないことがあるのなら

 

意地でも成し遂げようとする性格です。

 

そんな私が人生の挫折の経験としてあげるのなら

 

間違いなく「大学受験」だと思います。

 

どうしても行きたい国公立大学があり、その大学の過去問を40年分解いて

 

最新の10年分の英語の文章は丸っきり覚えてしまうくらい演習しました。

 

「対策はもうできるところまでした、自分の志や気持ちも申し分ないくらいある

 

実力も模試から見る限り足りている」

 

そんな状況でも、第一志望校学科に落ちてしまいました。

 

1年生の頃は、よく大学で友達と大学受験の話をしていると

 

友達の前で悔しくて半ベソをかいてしまった時も

 

恥ずかしながらありました。笑

 

編入試験について調べたこともありました。

 

けれど、大学に入ってからゴルフを始めて交流の幅が広がったり

 

親友と呼べる友達が沢山できたり、

 

入りたいゼミに入って真剣に勉強できたり、意識の高い仲間と出会えたり、

 

この東進二子玉川校でも様々な出会いや経験をさせていただいて、

 

この大学に入ってよかったなと今なら言えます。

 

けれど、そんなに悔しい経験だったのに、

 

どうして大学受験のサポートをしていたのか。

 

それは紛れもなく自分を成長させられた経験であったことに変わりはなく

 

自分自身を見つめ直しできた経験であり、

 

あの大学受験があってよかったなと心底思うからです。

 

真剣に取り組んだ経験は確実に自分の糧になります。

 

間違いなく大学受験があったからこそ、

 

自分は頑張れるんだという漠然とした自信が

 

確固たる自信になり、

 

大学に入ってからも様々なことにチェレンジしたり

 

努力できていると思います!!

 

「今できる努力を全力でする。」

 

「置かれた場所で全力で咲く。」

 

この二つを徹底的に貫いてみてください。

 

きっと素敵な出会いや経験ができるはずです。

 

私も夢に向かって皆に負けないくらい努力したいと思います!

 

 

そして私事ではありますが、この5月をもって

 

二子玉川校の担任助手を卒業することになりました。

 

担任助手をまだまだやっていたいという気持ちは山々、

 

皆と一緒にいたいという気持ちは山々…

 

自分のキャパシティーなどと相談して

 

皆のことが大好きだからこそ中途半端にコミットしたくないな

 

という気持ちになり、卒業という形をとらせて頂きました。

 

何かあった時には、二子玉川校の担任助手に相談してみて下さい!!

 

きっと親身に相談に乗ってくれると思います!

 

夢みる高校生の皆さんを全力で応援しています

 

頑張れ!!二子玉川校☆

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事