なんでテスト期間も受講した方がいいの? | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2021年 2月 28日 なんでテスト期間も受講した方がいいの?

こんにちは。

明日から学校のテストが始まるという人も多いと思います。

テスト期間になると東進での勉強に手が回らなくなってしまう人がいます。

しかし、テスト期間も一貫して受講と高速基礎マスターをやる必要があります。

その理由について今回は紹介していきます。

理由は大きく分けて2つあります。

①他塾の生徒と差がついてしまう

②受講に遅れが生じて先取サイクルから外れてしまう

①から詳しく説明していきます。

他の塾や予備校は学校の予定関係なく授業のカリキュラムが組まれています。

そのため、他塾に通う人は学校の勉強と塾の勉強の両方を行うことになります。

東進生がここで受講をサボってしまうと、テスト期間も受験勉強を進めていた人と差がついてしまいます。

②については、

東進では先取サイクルというインプットを早めに終わらせて過去問をはじめとするアウトプットの早期開始を推奨するプランがあります。

この先取サイクルに基づいてみんな受講を進めていると思います。

テスト期間受講を少なくしてしまうとこのサイクルがどんどん後ろ倒しになってしまい、

過去問を開始する日が遅くなってしまいます。過去問をどれだけ解いたかが合否を分けます。

よって、早くから取り掛かる必要があります。

受験から逆算してみるとテスト期間の受講が入試の結果を左右するということが過言ではないことが分かると思います。

テスト期間でも変わらず受講を行うようにしましょう。