スケジュール管理の大切さ | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2020年 7月 3日 スケジュール管理の大切さ

こんにちは!!担任助手一年の榎本です。

 

最近ますます暑くなってきましたね。

 

暑い中だと集中力が散漫になるかもしれませんが、今のうちに勉強の習慣をしっかりつけていきましょう。

 

さて、今回はスケジュール管理の大切さについて話していきたいと思います。

 

ところで皆さんはどのように学習スケジュールを組んでいますか。

 

例えば週、月、年単位で計画していたり、一日を時間ごとに区切っていたりいろいろあると思います。

 

「こうやってスケジュールを組むべし!」というのは人によって勉強スタイルの違いがあるので一概には言えませんが、

 

少なくとも何も考えずに勉強するのはあまりよくありません。

 

まず第一に本番までに学習が終わらない可能性があります。

 

そして二つ目に単純に学習効率がよくないです。

 

勉強は本来、効率のみを求めるものではありませんが、こと受験勉強に関してはとても重要です。

 

私自身、受験勉強においてあまり計画をたてなかったので、どの科目のどの単元も中途半端でした。

 

人は忘れる生き物なので気分で勉強しているようでは後々ほとんどのことが身についていないなんてことは多いです。

 

また科目によって、例えば数学なら一通り学習した上で演習を通して理解を深めていくなど、

 

学習法は様々ですが、復習の計画もしっかり立てましょう。

 

自分がどのくらいのスパンで復習すると最も学習したことを吸収できるのか考えてみるのもいいでしょう。

 

「受験生はそんな時間ないわ!」と考える人はいるでしょうが、大丈夫です(笑)。

 

時間は意外とあるので今の自分を見つめなおしてもう一度計画を立ててみましょう。

 

特に夏季休暇が短くなるのであればなおさらです。

 

 

計画的な勉強が合格への近道です!

 

 

榎本倫太郎