今だから言える受験生時代の経験 | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2020年 3月 28日 今だから言える受験生時代の経験

 

こんにちは、明治大学三年鹿住周です。

今回のブログは、

「今だから言える受験生時代の経験は?」

と先日訊かれたのでそれに対するアンサーです。

高校3年生の夏休みの経験を書いていこうと思います。

私が高校3年生だった頃は4年弱前です。夏休みとポケモンGOの配信スタートが一緒くらいのタイミングでした。

2016年の夏休み期間、僕が通っていた東進ハイスクール青葉台校は朝7時開館でした。

勉強がまだまだ必要だと感じていたので、当たり前のように僕は毎朝7時に東進に登校することに決めました。

いつもより1時間30分早い起床をして、東進に向かって自転車で駆け、

7時登校を続けて一週間たった頃に

初めて寝坊しました。

その日起きた時間は急げばなんとか間に合う時間帯です。サッサと身支度を済ませておにぎりとお茶を鞄に詰め込み、自転車を飛ばし、

7時登校をすることができました。

しかしこれは間に合って良かったという思い出ではありません。

東進について30分ほど経ったころに腹痛がしました。トイレに閉じこもったけれど腹痛は治りません。

トイレに閉じこもり10分ほど経ったころ頭痛と吐き気の症状が現れだしました。

熱中症です。

腹痛も熱中症の症状の一つだそうです。

このとき、朝飛び起きて水を一滴も飲まず自転車を飛ばして東進へ来たことを思い出しました。

早くお茶を置いたホームクラスに戻りお茶を飲もう。そう立ち上がると目眩がしました。ちょうど寄り掛かれる壁があり目眩が落ち着くまで休んでからトイレを出ました。この時に僕とすれ違った他の生徒によると顔が真っ白になっていたそうです。

お茶を置いたホームクラスの扉の前にたどり着いた時に再度目眩がしました。この目眩は強烈でした。視界が真っ白になって平衡感覚を失い、気がついた時にはバタンと倒れてました。

そしてすぐに母に連絡が行き車で帰宅しました。朝8時半には家に逆戻りです。

東進滞在時間1時間ちょっとです。そのうちの30分は熱中症で苦しめられていました。

倒れた際に怪我がなかったことは不幸中の幸いです。

しかし7時に来てたくさん勉強するという目標からすると見事に本末転倒でした。倒れた後すぐに立ち上がることが出来ず、他の生徒の目についたことも恥ずかしかったです。

これが今だから話せる受験生時代の経験です笑

教訓としては

受験は長期戦だから体調は大事にしよう

といったところでしょう。

一夜漬けで臨む定期試験で良くとも、

長期戦の受験勉強で

無理をすることは悪いことです。

あと夏は水分補給を意識しましょう笑

夏になったらちょこっとでも思い出してねー!

担任助手三年 鹿住