低学年のうちにやっておくこと | 東進ハイスクール 二子玉川校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2021年 10月 15日 低学年のうちにやっておくこと

こんにちは!

最近寒くなってきましたが、皆さん体調におかわりないですか?

秋は文化祭体育祭学校のイベントもたくさんありますよね!

それに加えて定期試験もあり、忙しい時期だとおもいますが、

ぜひ充実した学校生活を満喫してください!

 

 

今日お伝えしたいことは、

低学年のときにやっておきたいことです。

あくまでも私が「あのときこうしていたらな、」と感じることですが、

共有したいと思います。

 

まず一つ目は、「何かに全力になること」です。
学校行事、定期試験、部活、、なんでも構いません。

 

私は高校2年生の時に定期試験の準備を全力で取り組みました。

それまでは最大限の準備をせずに試験を迎えていました。

なぜ急に定期試験に対する姿勢が変わったのか明確な理由はわかりません。

ですが、今振り返ると

自分なりに受験に向けて勉強への姿勢を見直した結果

だったのかなと思います。

そのおかげで勉強が嫌だな、という気持ちになることなく、

受験生のスタートを切ることができました。

二つ目は、「自分自身について考え、知ること」です。

難しく考える必要はありません。


自分は何に興味があるのか?何が好きなのか?を考えたり、
自分はめんどくさがりだな、、など

自分について少しずつ知っておいて欲しいです。
受験生はひたすら勉強の日々を送ります。


苦手なことにも向き合わなければなりません。

その苦手と向き合うときに、

自分を知っていることはとても役に立ちます。

時間は取り戻すことができません。
後悔しないように残りの高校生活を全力で楽しみましょう!

 

担任助手1年 境