低学年のうちにやっておくべきこと | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2020年 9月 14日 低学年のうちにやっておくべきこと

こんにちは!

9月ももう半ばです、受験生にも低学年にも言えますが

夏が終わったら1年が終わるのはあっという間です。

気合入れて勉強していきましょう!

 

今日のテーマは「低学年のうちにやっておくべきこと」です!

答えはシンプルです!

 

英単語です!

 

文法力や長文読解力やリスニング力も確かに重要です。

受験の英語の問題を見ればそれらの力が満遍なく全て必要なことは分かると思います。

でもやはり基本は英単語です。

 

1つの単語が分からないがためにその長文の全てが完全にお手上げという事態になりかねません。

 

逆にどんな文構造かが全く分からなくても、

単語がほとんど分かっていれば内容が理解できてしまうと言う場合もあります。

 

英単語の重要性伝わりましたか?

 

受験学年になると本当に英語にかけられる時間は減っていきます。

もちろん英単語を集中的に多くの時間をかけてやる時間なんてありません

(その時期に1時間も2時間も単語に時間をかけている人は厳しいと思います)。

低学年のうちに創意工夫をして英単語をある程度完成させておくのが

合格への近道だと思います。

 

単語はなんだかんだ言っても努力でいくらでも伸ばせます!

低学年の皆さんは周りの誰にも負けないくらいの単語力を身につけてしまいましょう!!