何回も触れることの大切さ | 東進ハイスクール 二子玉川校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 9月 4日 何回も触れることの大切さ

こんにちは!いよいよ9月に入りましたね!受験の天王山を終えて受験生の皆さんはさらに気合いが入っているかと思います。ここからの時期、過去問や単元ジャンル別演習などアウトプットが多くなる時期ですね!皆さんはこれまで固めてきた基礎を出せているでしょうか?
まだ身についてないよという人もいると思います。そこで、これからの学習で意識して欲しいことを1つお話します。それは、同じ分野の問題を時間や時期を分けて何回か触れることです!

結局、暗記系のものと同じで、人間は1回めちゃめちゃやってその分野のことを覚えても、入試まで覚えていられるかと言うとそうではありません。単語帳を見返すように、記述の問題でも同じような問題を解いて身体に染みつけていったほうが良いと思います。僕自身も日を置いて同じ分野の問題に触れていって次第に半ば無意識でも類題で以前学んだ解法が使えるようになりました。

今苦手なところがたくさんあるよという人も、優先順位はつける必要はあると思いますが、何回も触れることによって理解して、身につけられるといいですね!そういう意味では、自分の苦手が揃った単元ジャンル別演習はとても有用になってきます。是非たくさん同じ分野の演習をしていって苦手を得意にしましょう!

担任助手1年 百瀬