受験生になる前に数学で差をつけろ!? | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2020年 6月 27日 受験生になる前に数学で差をつけろ!?

こんにちは!

担任助手3年生の佐々木です!

 

先週の全国統一高校生テスト、いかがでしたでしょうか?

部門がいくつかに分かれていたので、

高1・2年生の人は受験学年部門にチャレンジした人もいれば

自分の学年の部門でがんばったという人もいるでしょう!

 

さてさて、出来栄えはいかがでしたか?

上の学年の部門を受験した人はもちろんのこと、

自分の学年の部門でも難しかったなという人もいると思います。

 

さて、ここで質問です。

共通テストレベルの数学はいつまでに仕上げるのがベストでしょうか?

 

いろんな意見があると思いますが、

僕は高2の12月まで

が一つの期日だと思っています。

 

というのも明確な理由がありまして、

1月にとあるテストがあることに関連しています。

 

そのテストとは…?

正解は共通テストです。

 

1月にあるということは、高2の1月はもう入試の1年前

つまり、そこまでに英数国は一定のレベルに達している必要があります。

なんで1年前にそこまでするのかと言いますと、

その後には選択科目の勉強が待っているからなのです。

 

理系ならば

数Ⅲ物理・化学・生物などの理科科目

その他私立大学・国公立大学2次試験の対策。

 

文系ならば

日本史・世界史などの社会科目

理系同様、私立大学・国公立大学2次試験の対策。

 

このように、やることは山積みな上、

最も時間のかかることが待っています。

だからこそ、高2までに共通テストレベルの数学は

完成させておく必要があるのです。

 

では何をするべきなのか。

これまでの既習内容を完璧にするのも一つですし、

今後の内容を先取りするのも一つだと思います。

自分がどちらが良いかわからないという人は

遠慮なく相談してくださいね!