受験生の心得 ver牧内 | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2020年 11月 15日 受験生の心得 ver牧内

本日の議題は

【受験生の心得】

受験生の皆さん

勉強量・努力量足りているでしょうか!

最近閉館前に帰宅したり

開館時間より遅く来る

受験生!!

今ピンときた君へ

本当に受験と向き合っているだろうか!

閉館の時間まで妥協しないで勉強する

開館ちょうどにきて勉強する

そんな生徒が受験に合格するのは

頭の中ではわかっていると思う

なぜそれができないか

それは

危機感が足りていないからだ!

必ず第一志望に受かりたい

夢・志に向けて努力したい

そんな人は

受験一日前でも

一週間前でも

今でも

目の色変えて勉強をしています

また浪人生という

手ごわい相手もいます

意識変えましょう!

二子の受験生たちよ!

 

以下に”和田秀樹先生が“7つの合格心得”を伝授! 秋から伸びる受験生とは!?”

の一部抜粋を乗っけておきます

 

”秋ともなると、受験生なら誰でも不安を感じるもの。「落ちたらどうしよう」という不安と
「受かりたい」という欲望は表裏一体であり、「受かりたい=勉強しよう」と
ポジティブな方向にもっていける人が、いわゆる「メンタルの強い人」なのだ。
一方、「この大学に落ちたら終わりだ」などと視野が狭くなったり、睡眠時間が不足したりすると、
不安を強く感じやすい。いつもより不安を感じるときには、よく寝て、食事でたんぱく質を摂り、
「人生にはさまざまな道があり、第1志望校に行くことだけが道じゃない。
受験勉強はけっしてムダにはならない」と、頑なになった気持ちを緩めよう。
また、不安なのは自分だけじゃない、ということを知るのも大切だ。”

 

担任助手 二年 牧内岳