大学の研究室とは? | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2019年 7月 13日 大学の研究室とは?

こんにちは!明治大学農学部3年の鹿住です!
今日は大学の研究室とはどんな場所か教えてくださいという声に応えたいと思います。

研究室には教員と大学院生と学部生(とその他の研究員)が所属しています。これらの人々がチームを組んで新たな研究成果を出すために、研究プロジェクトを計画、実行し、その研究成果を発信する場の1つが大学の研究室です。

この過程で試行錯誤を繰り返して実験を前に進めていくことこそ肝要だと思います。
観察し、考え、実験し、学ぶサイクルが身に着きそうです。

ただ上記のような理由のために研究室に所属するという学生は少なく、ほとんどは違う動機を持っています。
研究室に所属する動機は様々で、理学系は未知の事象や現象を解き明かす学問なので知的好奇心が多く感じますが、医学や工学、農学は実際に身の回りにある問題を解決する学問なので、困っている人を助けるためという動機が多くなる傾向があるのでしょう。研究のハードさ、教員や研究室の雰囲気就職などの要因も絡みます。

分かったような分からないように感じるでしょう(笑)

ということで

僕が受けた質問の一部に答えていきます

何をしているの?
説明するのが難しいのと、ネットで言うべきではない気がするので直接聞いて!もしくは「明治大学 動物再生システム学研究」で検索してみて!

どれくらい行ってるの?
基本平日は毎日顔を出していますが、まだまだ授業もたくさんあるのでその合間を縫ってです、、、。基本的に10時ー17時にはいるようにしてます。

決め手は?
自分が興味を持てるかです。

研究室には何人くらいいるの?
明治大学農学部生命科学科にある研究室はひと研究室あたり平均10人強は所属していそうです。

研究室に所属しないといけないの?
明治大学農学部生命科学科では所属していなくても卒業できます。つまり所属は任意です。

 

聞きたいことがあったら遠慮なく聞きに来てください!

 

担任助手3年鹿住周