大感謝ブログ | 東進ハイスクール 二子玉川校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 3月 29日 大感謝ブログ

こんにちは!

すっかり春でぽかぽか、花粉も全開ですね(涙)

この時期は4年間毎年、東進を卒業していく担任助手の先輩、同期、後輩のラストブログを読んできましたが、ついにこの私がラストブログを書くなんて!とドキドキしています。

ラストブログ、トップバッターで緊張しますが、読んでくれてるみなさんにさいご伝えたいことをつらつらと書いていきたいと思います!

4年前の夏、二子玉川は新規開校しました!

生徒数が1桁だった校舎からもう300人近い校舎です。びっくり。
当時は助手も生徒もすっからかんでなーんにもなかった校舎が気づけばたくさんの人で賑わう校舎になってとても嬉しいです。

当時大学1年生だった私は生徒がまだいない校舎でドキドキしていたのを今でも覚えています。
当時ドキドキしながら面談したかわいい生徒たちが卒業して校舎で担任助手としてバリバリ働くのを見るのも3年間すごく楽しみでした。

校舎と共に4年間歩んできたので、離れるのは寂しいですが、

これからも素晴らしい後輩担任助手と素晴らしい二子玉川校の生徒のみんなが支えてくれると信じています。頼んだ!


——-

さて、ここからは東進で学んでいる、また、今から学ぼうとしている皆さんに向けて!

皆さんはなぜ受験をするのでしょうか。
大学へ進学したいと思うのでしょうか。

私にとっては
自分の将来の選択肢を増やしておくため
でした。

受験勉強を通して、
知識や解法を学ぶことで自分の知性の幅が広がり、
目標に向けて努力を継続することで人間的にも成長します。

就職報告会でも言いましたが、受験を通して自身の強み・武器を増やすことができて未来への選択肢の幅を増やすことになります。


たくさんの人がいるこの社会で自身の正解と思える選択ができるように高校生の皆さんは武器を揃えている最中です。(もちろん大学生もね!)
東進で毎日本気で勉強に取り組むことは必ず自分の武器に繋がります。


わたしは自分の受験含め何回も受験を経験してきましたが、そんな中でみんなに覚えておいてほしいことが3つあります。
堅苦しいと思いますが、最後だと思って聞いてください!


①目の前のことに本気になること

大学受験をする人は日本全体で見るとまだまだ当たり前じゃないです。

同世代でも金銭的に働かなくてはいけない人、学習環境が整えられない人、など受験したくても出来ない人もいる現実があります。

そんな中で受験勉強に向き合えている皆さん!
本気で頑張れていますか?

受験をすると決めたのは自分自身のはずです。
やらされている、、というような受け身にならず、
しっかりと自分事として取り組んでほしいと思います!


②自分自身に自信をもって目標は高く!

模試の結果、志望校、向上得点、受講数、、など
身近なところから目標は高く高く持って欲しいです!

自分で限界を決めず、高い目標を掲げることで勢いを止めず、挑戦することができます。
ゴールが遠いからこそ、試行錯誤して取り組むだろうし、努力する中で必ず勢いは加速していきます。


私が高校生の時担任の先生に言われた言葉ですが、
【大学受験は努力が正当に評価される最後のチャンス】
です。
聞きようによってはその後の希望が無くなりそうですが、違います。笑

内申点やこれまでの経歴、属性、人からの印象で評価が左右されないのが大学受験です。


自分の努力が結果にさえ出ればどんな志も自分次第です。
よく、東進でも聞くとおもいます、
『努力は報われる』
これをぜひ体現してほしいです!

③ 自分の人生、自分次第!

1つ前で言ってたことと少し矛盾しますが、
受験の結果にとらわれすぎないでほしいです。
良い結果でも悪い結果でも同じです。
私が言うのもなんですが、人生は長いです。
大学受験はただの通過点であり、中間地点です。

今、人生を懸けて大学受験に取り組んでいるかと思いますが、大学受験が人生の全てではありません。
大学に進んだ先で、みんなが何をするのか。
何に楽しさを感じて、何に辛いと感じるのか。
その数や幅が大切だと思います。

もちろん、希望の大学に行けることはもちろんですが、

もし、全力でぶつかった結果が思うような道じゃないとしても自分次第でなんとでもできます。

わたし自身もたくさん遠回りをしてきましたが、今考えれば全部自分のためになっています。

自分が自分に対してどう向き合うかで未来は変わります。ぜひ、価値ある大学生活を送ってください☺︎


———-

さいごに!
この場を借りて、
二子玉川校で出会ったすべての人に感謝を伝えたいです。

4年間東進ハイスクール二子玉川校で働けて本当に幸せでした!ありがとうございました!

担任 田中里奈

過去の記事