当たり前の基準を高めよう! | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2021年 4月 6日 当たり前の基準を高めよう!

こんにちは!

 

今日私から話したい事のテーマは、

 

当たり前の基準を高くしよう

 

ということです。

 

難関大合格者程、

何においても、

当たり前の基準が高い傾向にあります。

 

事実、

今年受験を終えた生徒から話を聞くと、

一般的に難関大と言われている、

旧帝、早慶、MARCHに合格した人は、

 

最低限、教科書から出題される事は完璧に答えられるようにしないと

 

と考えているのに対して、

 

受験があまりうまくいかなかった人は、

 

教科書の内容が入れば、良い

と考えています。

 

一定の基準に達することの満足度が、

同じ受験生でも違うわけです。

 

そしてこれは、

学習の内容に関することのみならず、

 

起床時間、隙間時間の活用にも、

当たり前の基準は関わってきます。

 

そして基準が異なってくると、

 

勉強方法、勉強時間、集中力が、

劇的に変わります。

 

当たり前の基準を高めましょう。

 

しかしいきなり基準を高めろと言われても、

なかなか難しいかもしれません。

 

その解決策が、

皆さんがよく聞くであろう、

 

習慣化」です。

 

さまざまなデータがありますが、

人間はある事を、

 

20日継続すれば習慣化する

 

と言われています。

 

早起きにおいても、

隙間時間においても、

普段の勉強のマインドにおいても、

 

もうちょっと頑張ってみよう!

 

そのもうちょっとを20日踏ん張ってみよう!

 

少し厳しい事を言うと、

20日踏ん張れない奴は受験、負けます!

 

さぁ、

当たり前の基準を高めよう!