後悔していること | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2020年 7月 17日 後悔していること

こんにちは!

 

7月になったばっかりと思いきや

 

気づいたら中盤に差し掛かっていますね…。

 

受験生は、順調に勉強を進められていますか??

 

今日のブログでは、

 

タイトルの通り「後悔していること」について

 

お話しするのですが、

 

受験生にとってシビアな内容になってしまうかも

 

しれません…(笑)

 

私の体験を皆さんは

 

ぜひとも繰り返さないでほしいと

 

強く思います…

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

私は3年生の春に東進に入学したのですが、

 

それまであまり受験にたいして深く考えられて

 

おらず、なんとなく得意科目が理系だし、

 

家族も理系だから…という理由で

 

理系を選択していました。

 

しかし、高3の春になって

 

本格的に受験を考えたときに

 

自分は文系の大学で

 

強みの英語を活かして勉強したい

 

と強く思うようになりました。

 

漠然とはしていましたが、

 

ずっと途上国の支援をしたいという思いがあり、

 

途上国の支援をする上で役立つ勉強を

 

大学で学べたらいいな…と思っていて、

 

調べていた時に出会った大学が

 

「東京外国語大学」という大学でした。

 

調べていけばいくほど、東京外大のことが

 

大好きになり、

 

「この大学に絶対にいって勉強して、

 

途上国の支援をしたい!!!」と本気で強く思いました。

 

それからというものの、文転を決意し、1から文系科目を

 

勉強することになります。

 

受験勉強は、文転していたこともあり

 

人よりも何倍もきつかったです。

 

しかし、自分の志がとても強く

 

どんなにつらい時でも

 

東京外大で勉強している自分の姿を想像したら

 

言葉通り、本当に何でも頑張れました。

 

受験勉強も志が強くあったかいもあり、

 

ずっとE判定だった模試も

 

夏明けにはA判定かB判定を安定して

 

出るようになりました。

 

周りの方からも

 

「この調子なら大丈夫。」と

 

言っていただけていて

 

自信満々の状態でセンター試験を

 

のぞむことになります。(笑)

 

私立もそこそこ順調に進み

 

本命の東京外国語大学の入試の日になりました。

 

東京外大の過去問は、30年50年と

 

周りからは「やりすぎじゃない?」と

 

いわれるほどやりこなし、

 

(今思うとファンが昔のものを

 

おいもとめてコレクションしていくような

 

そんな感覚に近かったのかもしれません(笑))

 

大学の入試の日には

 

あとは力を出すだけ。という状態でした。

 

試験の内容もそこそこできたかな…という感覚でした。

 

私立の結果が全てでて

 

あとは外語大の結果のみ!!という

 

運命の合格発表の日、

 

自分の志望学科には

 

自分の受験番号はありませんでした。

 

おそらく人生で一番落ち込みましたね(笑)

 

親曰く、しばらくは話し掛けられなかった

 

と言われました(笑)

 

今ではこんなに軽くはなしていますが、

 

大学に入ってしばらくは引きずっていて

 

周りは第一志望で入ってきている子が多い中

 

正直

 

「東京外国語大学で勉強したかったな…。」と

 

大学で考え浸ることも多かったです。

 

私の後悔していることは

 

単純に大学入試の失敗体験にすぎませんが

 

思いが強い人は

 

本当に本当に第一志望でない大学で勉強するのは

最初は正直きついです。

 

しかし、今は慶應の周りの友達や

 

授業も大好きだし、

 

勉強していることも楽しいです。

 

経済学部でも、

 

意外と自分のやりたかった勉強が

 

できていてかなり満足しています!

 

皆さんに何を伝えたいかというと、

 

もちろん第一志望でない大学でも

 

自分から探求すればいくらでも

 

道は広げられます!!

 

しかし、

 

「自分の第一志望の大学に行くこと。

 

これは本当に他に変えられないくらい

 

幸せなことです!!!」

 

私の1年生の頃の後悔を

 

皆さんは味わうのか

 

それとも

 

第一志望で満足して勉強できるのか

 

皆さんは未来を今なら

 

選択することができます!!!

 

理想の未来を実現するためにも

 

今この一秒一秒を大切にしていきましょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p>