文理の狭間 | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2020年 9月 6日 文理の狭間

こんにちは!担任助手1年の柴田です!

難関大・有名大模試まで2週間となりました。

受験生の皆さんは準備できているでしょうか。

夏の成果を出すチャンスなのでぜひ受験しましょう!

さて、今回は私の学校の話をしたいと思います。

私は現在東京理科大学経営学部経営学科に所属しています。

私は文系3科目の英語、国語、世界史で受験しました。

(2021年度からは数学必須になるので今年は私立文系の方は受験できません。

理科大なのに文系という一風変わった肩書きを私は持っています。

学部内には文系の人もいますがやはり少数派で、

理系の人が大半を占めています。

ではなぜ私はここに進学したのでしょうか。

それは、文理関係なく幅広い学問を学びたかったからです。

東京理科大学部の経営学部は

文理融合学部という扱いになっています。

文系っぽい授業は

経営学やアントレプレナーシップ

理系っぽい授業は

IT系の資格の取得を目標とする基礎情報処理

などがあります。

つまり、

理系に進んでしまったが文系の学問を学びたい、

文系に進んだがデータサイエンスについても学びたいという人におすすめです。

私は受験生時代、

息抜きに数学の問題を久々に解いてみると意外と楽しいことに気づき、

今まで目を背けてきた理系分野にも興味を持ち始めました。

そこでこの学校を受験することを決意しました。

受験校で悩んでる受験生、

文理の選択に迷ってる低学年の人は

一度東京理科大学経営学部を検討してください!

1年柴田