日本史について語る | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2020年 5月 3日 日本史について語る

こんにちは!担任助手2年の桂です。

 

もう5月に入りましたねー。

受講はしっかり進められていますか?

コロナの影響はまだまだ続きそうですが、

こんな時だからこそ、

勉強して他の受験生とをつけよう!!

 

ところで、

皆さんは何の科目が好きですか?

数学?

それとも英語?

みんな違うはずです(当たり前ですね笑。)

自分はというと、

日本史が大好きです!

よく生徒の中に、

日本史が嫌いという人がいます。

今日はそんな人達のために、

日本史の魅力を語りたいと思います!

では、

どんなところが楽しいのか。

簡単に言えば、

日本史は大きな1つの物語です。

本や漫画、アニメなどと同じで、

歴史にもお話の展開があります。

もちろん作り話ではないので、

分かりやすい展開とは限らないですし、

何より量がハンパないです。

だからこそ、

日本史という堅苦しい言葉に惑わされず、

普段色々な物語を楽しむように

楽しめば良いんです!

しかもそんな壮大な物語が、

自分達が生まれる前に実際に起きている、

そう考えてみてください。

どうですか、

少しワクワクしてきませんか?(笑)

でも日本史には、

まだまだ楽しいところがあります。

それは

大学受験で詳しく日本史を学べることです

これだけでは楽しそうじゃないですね(笑)。

つまり、

これまで学んできた日本史の知識を、

受験でつなげることができるんです!

例えば、

薩摩と長州を結んだ坂本龍馬

治外法権の撤廃に成功した陸奥宗光

この2人を中学校で習います。

大学受験でここの部分を詳しくやると、

陸奥宗光は、

坂本龍馬の作った

海援隊のメンバーだったことが分かります。

親交があったんですね!

こうして、

ただの暗記文が物語になっていきます!

 

そうなんです、

最初の話と同じなんです(笑)。

結局、

 

日本史は物語として楽しむこと、

そして感情移入できたもん勝ちです。

 

日本史が題材の作品を

見たり読んだりして、

通史につなげるのも良いですし、

自分だったらこうするだとか、

好きに解釈してもいいと思います。

今まで、

日本史を苦手な科目としていた人、

日本史を、

勉強をすると思ってやるのではなく、

物語として楽しんでみてください!

そうすれば、

日本史が簡単に思えてくるはずです!!

では今回はここら辺で、

皆さん、充実した受験生活を!

担任助手2年 桂

 

 

 

まだ東進に入学してないそこのあなた!

今なら東進に来校しなくても

自宅で東進の授業を最大2講座(5コマ×2講座)無料で体験できます!

気になった方は下のバナーをクリック!!