早稲田の難しさ | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2019年 3月 23日 早稲田の難しさ

みなさん こんにちは!!!

早稲田大学商学部1年の今澤です!! 

 

 

いや~ついに自分の大学の入試が難しいか語る時が来ました、、、、

早稲田を第一志望にしている人や、国公立志望で早稲田を併願にしたいと思っている人にも聞いてほしいなと思います。

 

 

今年の早大入試も終わり、結果もすべて公表されました。

早稲田の入試問題は確かに難しいのですが、それだけではありません。

 

なんといっても恐ろしいのは倍率です!!

近年は文科省の要請に応えるために合格者を大幅に減らしているため、受験者は増えるが、合格者は減っていくといったことが起こっています。

そのため、商学部や、社会科学部では倍率が13、14倍という事態が起こっております。 

 

倍率13倍というものを考えてみて下さい。

40人クラスだと、3人しか受かりません。  

 

こんな恐ろしいことないと思います。

 

早稲田を第一志望にしている皆さんは、この枠を東大・京大志望者と闘わなければなりません。

 

このように聞くと自分は受からないのではないかと卑下してしまうかもしれません。

 

 

この1枠を勝ち取るためにも、もうこの春休みから、長時間勉強できる習慣をつけて、目標を決めて、計画的に勉強を進めてください!!

 

コツコツと忍耐強く勉強を進めれば自ずと結果がついてくると思います。

 

 

そのためにも朝登校を意識して頑張りましょう!!!

 

二子玉川校担任助手1年今澤