模試を振り返って | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2020年 12月 22日 模試を振り返って

 

こんにちは!

 

先週は12月最終の共通テスト模試がありましたね。

 

受験生にとっては本番前最後、新高3、新高2生にとっては同日前最後の共通テスト形式模試です。

 

特に受験生はここでしっかり点数を取れたら、自身を持って本番に臨みましょう。

 

私はこの模試の英語で自身の過去最高点を出しましたが、

 

本番ではそれよりもかなり点数を落としてしまいました。

 

これは英語の勉強をそれ以降後回しにしていたことが原因だったと思います。

 

最後まで気を抜かずに突き進んでほしいです。

 

また、思うような結果が出なかった人も同様に本番までは後一か月弱あります。

 

共通テストは誰もが初めて受ける試験です。

 

本番何が起こるかわかりません。

 

ここまで来たら、気にせず無心で勉強しよう!

 

その頑張りでライバルより一歩前に抜け出せばいいだけです。

 

新高3生は今回の模試はどうだったでしょうか?

 

受験までは後一年ありますが、一つ一つの模試は自信の学力を試す場となり、大切な経験です。

 

生徒からは「数学ⅡBがうまくいかなかった!」との話をよく聞きました。

 

確かに共通テスト模試はセンター試験に比べて、

 

応用的な問題が増えている印象ですが、その本質は決して違いません。

 

この冬休みは数学の基礎をしっかり復習する時間にあててみてはどうでしょうか。

 

同様にまずは主要三教科8割を目標に、分からないところは今のうちにしっかり見直して、

 

自信をもって新年を迎えられるようにしましょう。