過去問の復習法・英語・田中ver. | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2018年 12月 22日 過去問の復習法・英語・田中ver.

こんにちは!寒いですね!田中です!

 

今日は受験生にむけてのテーマです。

でででん。そう、過去問の復習!今日はわたしの過去問復習法を紹介しようとおもいます。

過去問演習・復習が肝となるこれからの直前期、まだやり方確立してない…って子はぜひ参考にしてみてね★

高2以下の子たちもぜひ来年やってみてね。

 

順番にいうと

 

➀分からなかった英単語を調べる

②間違っていた設問の

対応するパラグラフを読み直す

③間違った設問を解きなおす

④合っていた設問の根拠の確認

…という感じです!

1つ1つ説明していくと、

分からなかった英単語を調べる

(英語勉強の大前提として、

一冊英単語帳を決めて欲しいです。

単語王でも、鉄壁でも、ターゲットでもいいので、

一冊決めましょう。そしてこれを

自分の語彙力のデータベースとしましょう。)

まずは英単語を調べましょう。

解きなおすにしても、分からない単語があると

何もできません。

恐らく、英単語を調べたうえで「復習ノート」的なものに

英単語をストックしていく人が多いと思いますが、

ここで注意してほしいことは、

覚える予定の英単語はストックしない

ということです。

<覚える予定の英単語=自分が使っている単語帳に載っている英単語>です。

これはノートに記録しても、

単語帳と被ってしまうし、

2度手間になってしまいます。

もし分からなかった英単語が

単語帳に載っていたら、

印をつけるくらいできるといいですね!

間違っていた設問の

対応するパラグラフを読み直す

間違った設問を解きなおす

これは英単語の意味が分かったうえで、

ゆっくりと時間が取れたうえで、

本当に解けなかったのかを確認するためです。

この段階で正答することができれば、

かなり本当にあと一歩で正答できたはずです!

ここでは、最初の答え合わせの時に、

×と一緒に正解の選択肢を

書かないようにすることが必要なので、

気を付けてください!

合っていた設問の根拠の確認

これは、あまりやらない人が多いと思いますが、

かなり大切です。

正答できたとしても、

本当に根拠を持って正しく解答できたのかを

確かめなければ、

根拠が間違っている可能性が残り、

次間違える可能性があります。

次の失点を防ぐという意味で、

必ずやるべきだと私は思います。

以上、こんな感じでやってました!

 

 

センターまで

残り28日。頑張れ!

 

慶応義塾大学1年 田中里奈

24日は冬期特別招待講習最終締め切りとなっています!!