過去問演習は10年じゃ足りません! | 東進ハイスクール 二子玉川校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 6月 21日 過去問演習は10年じゃ足りません!

こんにちは!
今日6/21は夏至の日らしいです。明日からはだんだん日が短くなっていきますね。
さて、東進生のみなさんは6月末までには受講を修了させて、7月からは本格的に過去問演習を始めていくはずです!そこで今日は過去問の話です。


みなさんは過去問を何年分やる予定ですか?
東進の過去問演習講座には11年分の問題と解説授業が収録されているから11年分やればいいんでしょ、と思っている人がいるかもしれませんが、11年分では全然たりません。


20年分以上はやりましょう。


なぜなら、実は入試では過去問と似たような問題や似たような解法の問題が出ることがよくあります。そしてそれらの問題の多くは20年以上前の問題から出ています。(大学側もそんなに昔の問題はやってないだろうと思っているのかも知れません)


たとえば、一橋大学の2018年の世界史の第1問の問題は1982年の第1問とほぼ同じ問題でした。ほかにも、2016年の東京大学理系数学の第4問は1998年の文系数学第2問とよく似ています。(ぜひ自分で調べてみてください)これらの問題を過去問でみたことがあった人となかった人ではかなりの差がついたのではないでしょうか。


でも、20年以上も前の過去問をどこで手に入れればいいんだよ!という人におすすめなのは東進の「大学入試過去問データベース」です。他にも一部の大学では20年分の赤本が販売されていたりもするので調べてみましょう。


ということで、東進生のみなさんは8月末までに過去問10年分は終わらせ、20年分以上過去問をやって周りの受験生に差をつけましょう!!