1年の振り返りと目標立てをしよう! | 東進ハイスクール 二子玉川校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 3月 26日 1年の振り返りと目標立てをしよう!

こんにちは!

とうとう3月も残すは6日となってしまいました、、

皆さん、今年度はいかがでしたか?

年度の終わりと初めには、必ず振り返りと目標立てを行いましょう。

このブログを読んでくれている皆さんは、新しく高校生になる人、学年が切り替わる人、そして、高校を卒業して新たなステージに旅立つ人、さまざまだと思います。

その全員が、いろいろな思いや目標を持って勉強や部活、課外活動に取り組んできたのではないでしょうか。

その目標は達成することができましたか?

できた人は、それは何をしたらそうなりましたか?
できなかったとしたら、何が、どれくらい足りなかったのでしょうか?
そして、何をすれば達成したと言えたのでしょうか?

私自身も先日、この一年を振り返り、できたこと、できなかったことを明確にしました。

すると「全然できなかった」と漠然と考えていた分野に関しても、具体的な結果や要因に落とし込むことで、

「この部分がこういう風にできた・成長した」と捉えることができ、少しの自信と、今後頑張りたいことにつながりました!!

全て完璧な人もいなければ、何もできない人などいないと思います。
自分ができたこと、できるようになったことに着目すれば、自ずと「もっとできること」を探せると思います。
目標達成には届かなかった人も、そう考えてみると、意外にも「ここができた」という部分が可視化され、次の成長にも続いてゆくのではないでしょうか。
このように、まずは1年間の振り返りを行ってみてください。

次に来年度の目標を立てましょう。

全学年、誰もが4月からは新たな生活が待っていると思います。
環境が大きく変化し、求められることも多くなり、自分の想像していた生活とのギャップに苦しむこともあるかもしれません。

そのような中で、自分はどのように成長するか。どのようなことを意識して、何を頑張りたいのか。
これらのことを年度の初めに目標を立てておくことで、今回のように振り返った時に、反省が明確になりやすいと思います。

目標は具体的なものほど良いですが、まずは自分の達成したいことを考えてみると良いでしょう。
皆さんは高校生がほとんどだと思うので、ここでは受験勉強とします。

まずは、第一志望校を決め、その理由と目的を明らかにしましょう。
そこから、合格するためには何が必要なのか逆算します。
必然的に、現状把握(自分は模試で何点取れていて、合格者平均との差はどこにどれくらいあるのか。何が得意でその分野が苦手なのか。。)

このように考えてゆくと、自然とやるべきことは明らかになってくると思います。

1年間はあっという間に過ぎます。
特に高校生は3年間しかない宝物なので、自分がやりたいこと、やるべきことに優先順位をつけて、自分自信が満足できるように努力してゆきましょう!!

まずは、今年度の振り返り、そして来年度の目標立てをしてみてくださいね。

それではまた!

担任助手2年 楠田

過去の記事