ブログ | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ 

2019年 3月 9日 早起きのコツ 古郡ver.

こんにちは、古郡です。

ぼちぼち春休みが始まった人も多いのではないでしょうか!

春休み、学校に行かなくていいからついつい朝遅くまで寝ちゃう…という人、いませんか?笑

そんなみなさんに春休みの時間を有効に使ってもらうために、今日は早起きが得意な(?)古郡が早起きのコツをお教えします!!

①前日早く寝る

これは当たり前田のクラッカーって感じですね!

(いつの時代の流行語やねん…)

早起きするためにはやっぱり睡眠時間が大切

起きたい時間から逆算して最低6時間は睡眠を確保しましょう!

②前日に朝の予定を決めておく

これ大切!

「明日は起きるぞ!」という気合だけで起きられたら人間苦労しません。

朝の何時に起きて何時までに何をするのか

できれば午後の予定まで決めて、「起きないと1日の予定が狂う状況」に自分を追い込みましょう。

人間、やらなきゃいけないことがある時には案外力が出るものです(と思っています)。

③昼寝るつもりで今がんばる

とは言え起きるのってやっぱり辛いですよね。

「こんなに眠いのにもう起きるなんて信じられない…あと2時間くらい寝ていたい、、、」

わかります。

でも、いざ布団を出て仕舞えば案外目は覚めるもの。

どうしても眠かったら、

「昼にちょこっと昼寝をしよう!その代わり今頑張ろう、、!」

と思って、一気にバッ!と布団から出ちゃってください。

昼に寝られると考えると、普通に起きるよりも起きる時の絶望感が少ないので、踏ん切りがつきやすくなる気がします。笑

④起きたい時間の30分前にアラームを鳴らす

「それでもやっぱりもうちょっとだけ寝たい…あと5分だけ、、」

ってなりますよね。古郡もなります。

二度寝の欲望に抗うことの難しさと言ったらないですよね。

ここで逆転の発想です。

二度寝できる時間に目覚ましを鳴らせば良い!!

古郡の場合、起きなければいけない時間の30分前に、まずは心地よい音楽のアラームをセットします。

そこで1度目が覚めたあと、今度は20分後に普通のアラームが鳴るようにしています。

大体はここで起きるのですが、念には念を入れ、さらに10分後、起きていない場合には大音量でサイレンのようなアラームを鳴らします。笑

これで最大3度寝をしても、しっかり時間通りに起きることができます!!

効果には個人差(かなりの)があると思いますが、是非お試しください。笑

2019年 3月 8日 今の時期、、、

 

みなさんこんにちは!春木です!

 

最近の春木のトピックはずばり!!!

 

 

花粉!!!(泣)

 

 

目がかゆい、鼻グズグズ、コンタクトゴロゴロ、、、、、

 

あああー!て感じです。花粉滅びて欲しいです。

でもこの前テレビで、杉の木を伐採している人は花粉症なのか?!みたいな特集していて、な訳ないでしょ~~と興味津々でみていたら半分以上花粉症で少し勇気(?)をもらいました。

 

そんなこんなで

もうすぐ春休みですね!

 

春休みは新しい年度へわくわくしている時期だと思います!

と同時に

新年度のみんなと差がつけられる時期です

 

逆に春休みぼーーーっと過ごしていると、

新しい学年になって、

あれ?みんなできてる!?

という事態にならざるを得ません。

 

そんなことにならないように

春休みを有効に使いましょう~!

 

私はこの時期まだ部活もあったので

 

部活が午前のときは午後東進

部活が午後のときは東進に行ってから部活に行く

 

という生活をしていました!

 

そうすると、部活にも勉強にも打ちこめて

充実した生活を送ることができました!

 

東進は時間に融通がきくんです!!!

その素晴らしい利点をバンバン使っていこう~~!

 

 

春休みは毎日8:30開館です!

校舎で待ってます!!!

担任助手1年春木絢圭

 

2019年 3月 7日 確認テストと修了判定テストちゃんとSS?

みなさんこんにちは!

担任助手3年の藤井直生です。

 

突然ですが、みなさん確認テストちゃんと受けてますか?

みんな受講はすごいしっかりやっていますよね

でも確認テスト修了判定テストはどうでしょうか?

まだ受けたことないものや、AやSで終わっているものはないですか?

もったいないです!!!

 

受講を受けた後に確認テスト受けないとほぼ意味がないです

受講はインプット、テストはアウトプットです。

 

せっかく頑張って覚えた知識をためてるだけです

まずなんでテストがあるのか考えてみましょう

 

知識は頭のなかで貯められる量には限界があります。

それを発散して自分のものにするためには絶対に演習が必要です

 

そのために日々の週間には確認テストや修了判定テストがあります

またセンター模試や記述模試などは今の自分の学力を測るものではありますが

ほかにも自分の実力を発散するための最高の機会でもあります。

 

その機会を存分に活用してほしいです!

なのでまずは日々の努力が確実に大事です。

 

2019年 3月 6日 毎日校舎に来よう! 佐々木ver.

 

こんにちは!担任助手の佐々木です!

もう卒業の季節ですね…

 

ちなみに去年の今頃の佐々木は第一志望校に失敗し落胆しているころだったと思います。

まさかその時はいま二子玉川校ができているとも知らない頃。

ただ、この二子玉川校に来れたことで本当は出会うはずのなかった

生徒の皆さん、招待生の方々、担任助手の方々に出会うことができました。

「今僕のいる場所が望んだものと違っても悪くはない きっと答えは一つじゃない」

という言葉を過去の自分に言ってあげたいと今では思っています。

(ちなみにこれは僕の大好きなMr.childrenさんの歌詞のワンフレーズです。)

 

今このように思えているのも、高3の時に「もうこれ以上することはない!」

というぐらいに勉強をやり切ることができたからです。

 

ただ、毎日一生懸命頑張ろうと思っていてもたまにはその決意が揺らぐこともあります。

ちなみに私は1カ月に2回はありました。

そこで勉強していなかったら間違いなく私は後悔していたでしょう。

 

ではどのようにして勉強したくない日を乗り越えたのか。

 

それは毎日ちゃんと校舎にいくことでした。

 

校舎に行くと勉強しているほかの生徒がいて、背中を後押ししてくれる担任助手の先生がいました。

もちろん同学年の子にも刺激されるのですが、特に下の学年の子が勉強している姿を見て

「勉強したくないなんて言ってる場合じゃないな」

と思わされたことを今でも覚えています。

また自分は経験はないですが、担当の生徒の子に話を聞いたりすると

「受験生の先輩、すごく勉強してますね。

自分も来年これだけやらなきゃなのか。」

といって勉強に励む子もいます。

やはり周りの環境って大事だなぁと今になって思います。

これだけ勉強だけに集中できる場所は他にはないと思います。

 

人は行動を起こして初めて心が動くそうなので

まずは校舎に来るという行動を起こしてみてはいかがでしょうか?

 

以上、受験期を思い出して懐かしくなった佐々木からでした!

 

2019年 3月 5日 志望校の決め方

こんにちは。担任助手一年の天野です。

 

今回は大学受験で核を成す志望校選びについて書きたいと思います。

 

決める段階にも二つあり、

 

自分が将来やりたいことに基づく選択

校風に基づく選択

があると僕は思います。

 

まずは前者について。

 

ほとんどの人は文理選択の際に将来についての決断を迫られると思いますが、

 

まずはその決断を全力で行ってください

 

よく決まっていない人はもちろんのこと

 

決まっていると自覚している人も今一度多くの情報に目を通し、

 

自分のやりたいことと真摯に向き合ってみてください。

 

さてそれが終われば志望校選びが始まるのですが、

 

その大学に希望の学部、学科があるかどうか

 

またその大学がどういった分野で強いのかについてよく調べましょう。

 

似たような学科でも伝統的なものから新設された革新的なものまで様々あるので自分に本当に合ったと思えるものを選んでください。

 

次に校風についてですが、

 

校風というのはその大学が掲げるものでも決めるものでもなく、

 

そこを志望する生徒が感じるものだと思います。

 

つまりはその大学が与える独特な雰囲気のことです

 

この感じ方は人によって違うものであるはずなので、ネット等で調べてわかることではありません。

 

自分で足を運んで初めてわかるものだと思います。

 

要するに少しでも興味がある大学の文化祭等は必ず行ってください。

 

以上二点志望校選びについて解説してみました。

 

『この大学のこの学科行きたい!』とか『この大学の雰囲気はサイコー!』

 

といったものは大学受験を支える最大のモチベーションの一つになりえると思います。

 

なので志望校選びはお早めに。

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事