10月 | 2019 | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ 2019年10月の記事一覧

2019年 10月 21日 秋の受験生へ喝。

こんにちは!!もう十月半ばですね…。

 

十月はあっという間に月日が流れた気がします。

 

受験生の皆さんはどんな十月だったでしょうか。

 

よく一般的に受験の天王山は夏と言われますが

 

私は絶対にだと思います!!

 

なぜか…

 

それは、多くの受験生が中だるみしやすい!!

 

時期だからです。

 

夏は多くの受験生が気合を入れて頑張ります。

 

しかし、秋になると夏に頑張った分

 

息切れする受験生が多いのです。

 

志望校に受かるためには

 

秋に全力で頑張るしかない!!!!

 

私自身、受験生のころを振り返ると

 

夏は少しさぼってしまったことも

思い返すとありましたが、

 

秋を思い返すと一日もありません!!!

 

本当に息をするように勉強していました。

 

具体的には、やるべきタスクを完璧にするまで

 

すべての時間を勉強にあててました。

 

単語をやろうと決めたら、本をみなくとも

 

単語と日本語訳が頭に浮かぶくらいまで。

 

社会科目だったら、その範囲を何も見ずに

 

紙に書きだせるまで。

 

80パーセントの勉強を全力で行っても

 

最大80%の力しか出せません。

 

常に120%の勉強を行うつもりで

 

勉強してほしいです!!

 

せっかく勉強にあててる時間を

 

無駄にはしたくないと思います。

 

ならば、全力ですべて吸収する

 

勢いで勉強しましょう!!

 

いつの勉強が自分の夢につなげてくれるのか

 

わかるのは受験が終わった後です。

 

その時に振り返って

 

あの時本当に勉強したな…と思える

 

秋を送りましょう!!!

 

一年 佐古

 

 

2019年 10月 20日 全統まであと1週間!中間テストとの両立!

 

みなさんこんにちは!

分かっているとは思いますが、

全統までのこり1週間

そして、

センター試験まで残り90日

 

いよいよって感じですね

去年のこの時期を思い出すと

センターまで残り100日をきって

とても焦りを感じていた気がします…

ここまでくると、

ほんとにすぐに

秒でセンター当日がやってきます

 

本当に1分1秒を大切に

勉強に取り組んでください!!

 

とはいえ、、

そんな中、、、

中間テストもありますよね

 

しっかり両立できてますか?

 

中間テストがあるから、

 

過去問をストップ

受講をストップ

マスターをストップ

 

そんなことがあってはいけません!!

 

夏休みから積み上げてきた

知識や習慣、努力量を継続してほしい、、

 

そのためにも必ず計画を立てて、

学習を進めてほしいと思います!

 

1週間の目標を立てるのが理想ですね

すくなくとも、

前日には次の日の計画を立ててほしい

と思ってます😊

 

やらなければいけないことを

リストアップして、

計画を立てることで、

+αの自分の時間

を作り出すことができます!

 

やることが多いときは

ToDoリストの活用をしてみて下さい!

 

二子玉川1年 水上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年 10月 19日 大学の勉強って何するの?

みなさんこんにちは!

担任助手2年生の佐々木です。

 

ここのところ急激に寒くなってきましたね…

体調崩しやすい季節ですし、

インフルエンザも少しずつ流行り始めたので

受験生はもちろんですが、1・2年生も

体調管理はしっかりしましょうね!

 

 

さて、本日は大学の勉強とは何をするのかというお話です。

 

ちなみにみなさんは大学の勉強というと

どんなイメージをするのでしょうか?

(僕が高校生の時はあんまりイメージできなかったです…)

 

 

実際、僕が授業を受けて思ったことは、

「高校の授業の続きなんだなぁ」

ということです。

 

 

僕は理系なので、あくまで理系のお話にはなってしまいますが、

大学の授業は高校で勉強している数学や物理、化学を

しっかり理解していることが前提となっています。

(そのために入試をやっているようなものですからね。)

なので、一定以上の基礎知識(高校の授業の内容)が

しっかりと身についている上で授業が始まっていきます。

 

そして、高校では理屈まで教えてくれなかった公式の証明や、

難易度や授業時間の関係上、高校では勉強しなかった

より難しい理論の勉強などをしていきます。

 

もちろん、大学に入ってから新しく始める学問もあります。

(僕が受けている授業だと放射線に関する法律の授業や

病院で使う機器の授業とかですね。)

ただ、専門的な授業でない限りはほとんどが高校の時に

少しは聞いたことのある勉強だと思います。

 

 

さて、今日は大学の勉強について話してきましたが、

みなさんに最後に伝えたいのは

「受験のための勉強にしないこと」です。

 

もちろん、受験に受かることも大事ですから、

受験のための勉強というのも間違ってはないのかもしれません。

しかし、今やっている勉強は大学で必ず役に立ちますし、

人によっては社会に出た後も役立つ知識を勉強していると思います。

 

そう思うと、高校の勉強って人生の財産なのかもしれませんね。

(大学の先生は「大学の授業は人生の財産だ」と行っていましたが…)

 

 

とにかく受験がゴールではないです!

勉強は大学生になっても続きますし、社会人になっても続きます!

その第一歩だと思って、今の勉強を頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

2019年 10月 18日 受験勉強に本気になれたきっかけ

 

こんにちは!担任助手の天野です!

秋も本格的に始まりましたね。

季節的なものも

受験勉強的なものも

正に秋って感じです。

受験生にとっては模試や過去問

高2生にとっては受験勉強の始まり

というイメージがあります。

そこで今日は、

受験勉強にどう本気になるか?

といったところを僕の体験を踏まえて

2点ほどアドバイスしたいと思います。

まずは本腰の入れ方についてです。

僕ははっきり言って

全く真面目な人間ではありませんでした。

(いまもそうかもしれません)

勉強よりもゲームばかり

学校から帰ったらまずゲームだし

休みの日も半日ゲームです

しかしそんな僕でも

高2の秋から冬に向けて

いつかやめなきゃという焦りはありました

しかし、そう簡単にやめられないものです。

ゲームに限らず皆さんも

そういう趣味を持っていることでしょう。

僕はこの時その場のノリで解決しました。

すごい頭悪そうな表記ですが、

本当にその場のノリで

ゲームを倉庫に片付けたのです

どうせいつ片付けるって決めても

ずるずる引き延ばすだけだったので

勉強への焦りが大きかった日に

その場で決めて片付けました。

やめてしまえば意外と続くもので

受験勉強に集中することができました。

スマホやゲーム機などは本当にその場

やめるのが適切だと思います。

やめるまでが一番苦痛なのであり

やめてしまえばなんてことはないです。

その場の勢いでスマホを壊してみましょう

受験勉強には集中できるし、

大学生になったら新品のスマホが手に入ります。

最後は変な話でしたが、

高2の皆さんの受験勉強の始まりの

参考になったら幸いです。

 

 

 

 

 

 

2019年 10月 17日 併願校対策にかけた時間(国立編)

こんにちは!


明治大学3年鹿住周です。


突然寒くなりましたね…
本当に体調を崩さないように気をつけてください。
僕は涼しい布団で粘ったせいで先日1日風邪気味でした。

 

話変えます!
今の時期は第一志望校の対策に励んでいる受験生が多いのではないでしょうか??


ここで一度、
併願校
にも目を向けてみましょう!

 

ここから国公立大学第一志望で

併願校は私立大学と仮定して書いていきますね。

 

私は国立東京農工大という国公立大学志望でした。
不合格でした。


今は明治大学に通っているということで

併願校何校かに合格して通っています。

 

私の考え方はこうです。

併願校の対策時間は全体の1〜2割!

過去問は志望順位に合わせて5年か3年解く!

最初の1年分は早く解く!


あとは国立大学の入試問題対策をすれば

同時に併願校の入試問題対策もできるだろう!

この考え方は国立大学の入試問題は記述論述問題が多い傾向にあるためです。

ただし、
①併願校の入試問題が国立大学の入試問題よりも難しい場合
②併願校の入試問題に明らかな傾向(毎年のようにこの問題でるぞ!といった問題)があって対策すると得点を伸ばせる場合
ちょっと待った!

①併願校の入試問題が国立大学の入試問題よりも難しい場合
は国立大学だけでは当然対策は不十分なので、併願校を変えるか、対策時間をグッと増やす必要があるはずです。

②の場合は、明らかな傾向に向けて対策しましょう。確実に取れる得点は取る。合格最低点よりも一点でも多く取ることができれば合格なのだからそこは貪欲に行きましょう。
僕は英単語の多義語だけ勉強しました。

①②のどちらかに当てはまらないか早めにチェックするために

まだ併願校の過去問を解いていない人は解きましょう!

ここが一番大切かもしれませんね。

 

センター試験まで残り3か月。

残された時間で頑張りましょう!

担任助手3年鹿住