ブログ | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ 

2019年 3月 4日 試験との両立

こんにちは、一年前田です。

そろそろどの学校も期末期間を迎えていると思います。

 

定期テストの時期になると、受験生が皆抱える悩みがありますね。

受験勉強との両立です。

学校の勉強も大切だけど自分の受験勉強も大切…

 

優先順位は?時間配分は?

これらのことが自分の中でクリアになっていないと

結局どれも中途半端になってしまい

最ももったいない時間の使い方をする期間となってしまいます。

 

そこでテスト期間を有意義なものにするために、

改めて学校の定期テストと受験勉強との両立に何が必要なのか、考えていきましょう。

 

①学校の勉強はしっかりとする

まず、大前提としてこのことがあります。

 

そうはいっても学校の授業科目の中には受験科目でないものも

当然ありますから正直面倒と思ってしまうこともあると思います。

 

しかし、たとえ自分の受験科目でなくても、

教養として受験に役立つことはたくさんあります

 

たとえば、現代社会は私の受験科目にはありませんでしたが、

一年間の授業を通して、小論文で活かせる知識を得られたと思います。

 

受験科目でない科目に割く時間がもったいない…と思ってしまう気持ち、

とってもわかりますが、

そこでこそ新たな発見ができると思って、

受験勉強の息抜きの時間の代わりに積極的に取り組みましょう。

 

もちろん、自分の受験科目である科目は

専門だと思って満点をとるつもりで全力で取り組む

 

こうして学校の勉強にも受験科目にかかわらず

きちんと取り組めるといいと思います。

 

②受験勉強もコンスタントに取り組む

定期テスト期間になると、受講を一旦ストップさせてしまう生徒をよく見ます。

 

もったいないです!!

 

それまでずっと頑張っていた受験勉強も

そこで途切れさせてしまっては

その分ついてきた力も当然落ちてしまいます。

 

特に英語や数学など、

毎日少しでも触れることが大事といわれている科目ではなおさらです。

 

東進では自分で授業を組めるからこそ、

どんなときにどれだけ頑張るかは自分次第で変わります。

言い換えれば、自分で忙しいから…という言い訳をすれば

さぼることもできてしまいます。

 

そんな弱い意思には流されずに、

自分を奮い立たせて

校舎でも呼びかけられているように試験期間でも

受講のペースを極端に落とさない、

毎日登校、

毎日マスター

を欠かさないでください。

 

続けることで力はつきます

 

 

さて、ここまででえ?って思った人いると思います。

結局全部やんなくちゃいけないんじゃん。

 

確かに、そうです。

正直難しい期間だと思います。

 

しかし、それで開き直って全部適当にやってしまうのではなく

受験勉強、学校の試験勉強それぞれに必要な時間、優先順位を考えて

戦略的

なりましょう。

 

どんなどきでも現実的に考えることは必要です。

 

全部大事。

じゃあその先どうする。

ということを一人一人が計画的に考えられるようになれば

試験期間も伸び続けることができます。

 

試験期間でも一秒も無駄にしないために

戦略的に

学校の勉強にも受験勉強にも

取り組んでいきましょう!

 

2019年 3月 3日 春休み

こんにちは!

担任助手1年の田中です!

 

さて3月になっちゃいましたね、、、花粉がつらいです。

受験生の子たちは高校卒業!!おめでとう!

受験生の皆さん、特に私立志望の方は、とうとう受験が終わりましたね。本当にお疲れさまでした…!!

ここまで頑張ってきた分、一息ついてゆっくりしてください。気持ちも落ち着いてきたら、大学で学びたいことややりたいことを考えてみると思います(^^)

 

そして、後期受験がまだ残っている方。皆が続々と受験を終えていく中で、他の人よりも長い間辛抱して努力し続けることは簡単なことではありません。

でも、その努力は、すべて皆さんのためになります!大学受験はもちろん、大学に入ってからの自分のためにもなります。

しんどいと思う時もたくさんあると思いますが、あと少しがんばりましょう!!何かあったらいつでも話してくださいね!

 

 

ってことで。今日は春休みについて話したいと思います。

春休みってじつはめちゃめちゃ大切なんです。

新高1、高2、高3の方に向けて、春休みの勉強計画について書かせていただこうと思います。

 

 

 

皆さん、春休みに何をどのくらい勉強するかはもう定まっていますか?

 

面談をしていると、きちんと予定が立てられている人もいれば、あまり考えられていない人もいます。

後者の人は、一旦自分で計画立てをしてみましょう!そして、担当の担任助手にアドバイスをもらってください。

 

まずは自分で計画を立ててみることが大事です。

夏休みは朝から一日に何時間も勉強します。

毎日の計画がうまく立てられておらず、机に向かってから(今日何しよう)と考えていたら、行き当たりばったりな勉強になり、質の良い勉強はできません。

春休みを仮想夏休みだと思って、今のうちによい学習習慣を身につけましょう!

 

計画を立てる際には、最初に、春休みにやるべきことを決めましょう。

この時、2月の模試の結果なども参考にしつつ、自分の中でやるべきことの優先順位を決めると良いと思います。それも、「英語を一番優先する!」という大まかなものではなく、できるだけ具体的に決めましょう。

たとえば、数学のベクトルの範囲が苦手だから、概念理解の部分から復習する、などです。

これは、具体的に決めておいた方が、いざ取り組むとなった時に、すぐに取り掛かりやすいからです。

 

春休みにやるべきことを決めたら、それを週ごとに落とし込み、次に日ごとに落とし込む。そして、その日のどの時間に何をやるかまで細かく予定立てしましょう。

 

少し面倒に思えるかもしれませんが、予定立てをするか否かで、春休みの充実度は大きく変わります。

今はテストで忙しい時期かもしれませんが、テストが終わったらぜひ春休みの予定立てをしてみてください。

良い1年のスタートを切ろう!!

 

慶應義塾大学1年 田中里奈

 

 

 

2019年 3月 2日 ≪重要≫いつまでに何をやるべきか

こんにちは!

横浜国立大学経済学部4年の尾崎です。

いよいよ3月ですね、、

私はもうすぐ大学を卒業(卒業が認定がされれば)してしまうということで、とても寂しいです(泣)

今高校2年生の人はあと1年で卒業ですね。

もちろん!その前に大学受験もあります(笑)

言っておきます。

あっという間です!!!

 

ということで、本日は受験までの間に何をすべきなのか、時期別にお伝えします!

 

まずは下の図をご覧下さい。

 

この表を見れば、いつまでに何を終わらせ、何をスタートしなければならないのか一目でわかるので、保存して常に頭に入れておいても良いかもしれません。

何なら、スマホの待ち受けにするのもありかも?

それでは、時期ごとに説明していきます。

 

Ⅰ. 7月~受験本番

なんといっても大学受験のメインは過去問演習に尽きるでしょう。

夏以降はとにかく、それまでにインプットした知識をどんどん過去問を解いてアウトプットし、志望校の過去問の傾向を知って対策を練ることが大切です。

この部分にどれだけ時間と量をかけられるかによって合否が決まると言っても過言ではありません。

私個人的には、この過去問演習こそが真の受験勉強だと捉えています。そして、それまでの基礎知識のインプットは、受験勉強を万全の状態で取り組むための「準備」だと思っています。

例えば、国立文系で二次試験に4科目(英・国・数・社)×90分の試験がある場合を想定します。

それぞれを解く時間と、採点・復習の時間(試験時間の2倍とする)を考慮すると、1年分の過去問を実施するには1科目270分×4科目=1080分。

時間にすると、なんと18時間!(驚き)

この18時間を1週間の勉強の中に組み込んで、それを10年分やるとなると、時間はあまりないことがわかりましたか?

 

 

Ⅱ. 5月~6月末

①受験科目全学習範囲修了

②センター試験目標点突破

この時期は受験科目のすべてにおいて全範囲の学習を終え、同時にセンター試験の目標点を達成することが目標です。インプットだけでなくアウトプットの学習も並行して進めていきましょう!

 

Ⅲ. 4月末まで

高校3年生の始まりの4月末までには、

①主要科目の学習範囲修了

②センター試験の主要科目目標点突破

を目指します。

②までを達成するためには、①についてを東進生は3月末までに取得しているすべての主要科目講座を受講修了することが求められます。

 

今回、あえて受験直前期を最初に説明しました。

それぞれの時期やるべきことをできるように意識し、しっかり計画を立てて学習を進めていきましょう!

 

 

担任助手4年

尾崎

 

2019年 3月 1日 高速マスターの大切さ

みなさんこんにちは 

担任助手1年の平子翔也です!

 

いよいよ3月になりましたね!

今の学年でいられるのもあと1ヶ月です!

本当に時間が経つのは早いですね笑

 

今回は高速マスターの大切さについて

みなさんにお伝えしたいと思います!

 

みなさんは高速マスターちゃんとやってますか?

二子玉川校は高速マスターを

しっかりやってる人が少ないように思います

 

高速マスターはなぜやらないといけないのか?

それは基礎基本をしっかり身につけるためです

実際の入試は基礎基本の積み重ねがないと

解けるようにはなりません

 

今のうちから基礎基本を毎日積み上げていかないと

受験生になってから必ず苦労します

なぜなら、受験勉強において

1番大切なのは過去問を解くことで、

基礎基本を怠ればそれをできるレベルに

達することができないからです!

 

受験生になって後悔しないように

今のうちから高速マスターを

毎日欠かさずやって基礎基本を

できるだけ身につけた状態で

進級しましょう!

2019年 2月 28日 受験生の皆さんへ

こんにちは!東進ハイスクール二子玉川校 校舎長の加藤です。

2月もあっという間に今日が最終日となりました。受験生の皆さんにとって、2月は勝負の月でしたね。

間も無く全員の入試が終わります。これまでよく頑張りました。今回は受験生へのメッセージを送りたいと思います。

 

皆さんの中にも思い通りの結果が出た人、悔しい思いをした人、それぞれいます。大学入試という平等で公正な仕組みの中では仕方のないことです。私も喜びの一方悔しい思いでいっぱいです。

 

「大学受験は人生の中間目標」

という言葉を覚えてるでしょうか。東進では日頃からこの言葉を皆さんに伝えてきました。

いまなら受験は中間地点であると、身をもって実感出来るのではないでしょうか。

これから始まる新しい生活の中で、何を思い、なにを感じ、どう行動するかによって皆さんの人生は彩られていきます。

大学生はとても華やかです!学部の専門的知識を学び、部活やサークルで友人と共に過ごし、アルバイトをし、毎日が新しい発見に溢れています。

ただ私はみなさんに“ただの大学生”になって欲しくありません。

みなさんは高校時代、東進で自らの夢・志について真剣に考え、その実現のために大学入試を頑張ってきました。その姿勢は大学生になっても変えずにいてもらいたい。

目の前のことだけでなく、大学卒業後も見据えて1年生でなにをするか、2年生でどうなりたいかを考え、“素晴らしい大学生”になって欲しいと思っています。

これから日本の教育は大きく変わります。皆さんの後輩となる世代の子どもたちは国際競争の激しい時代を生き抜くための力を意識的に育まれ、社会に出てきます。

その世代に負けないよう、志の実現に向けた確固たる決意をもって、大学生になってくれたら本望です。

10年後、あるいは20年後、皆さんの活躍を目にすることが私の志です。

 

3/21には二子玉川校第一期生のための卒業式を執り行います。これから巣立っていく皆さんとまた会えるのを楽しみにしています!

 

最新記事一覧

過去の記事