「もう遅い」なんてない! | 東進ハイスクール 二子玉川校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 11月 16日 「もう遅い」なんてない!

こんにちは!担任助手1年の北林です。

11月も後半戦に差しかかりましたね。

そして昨日、共通テスト本番まで残り2か月を切りました。

つい最近あと100日と思っていたらあっという間にあと60日、、、

時間の流れってほんとうに早いですね

受験生のとき、大学一年生ってもっと暇だと思っていましたが、

意外にも毎日やるべきことをやるのに精一杯で、もう少し余裕を持ちたいと毎日思っている私です。

余談はさておき、共通テストは、受験生にとってはもちろんですが、

高1生、高2生にとっても大きな節目の日ですよね。

そんな日が刻々と迫ってきて、焦っている人も多いんじゃないでしょうか。

そこで今日は、そんな皆さんを励ましたい一心でブログを書きます!

不安を抱えている人がいたら、ぜひ読んでいってください~^^

私が受験生のとき、高校の先生がよく言っていた言葉があります。

Today is the first day of the rest of your life.
『今日という日は残りの人生の最初の一日である』

これはもともと、アメリカの薬物中毒患者救済機関の設立者である

Charles Dederich (チャールズ・ディードリッヒ)という人の言葉だそうです。

私はいつもこの言葉に励まされていました。

自分が立てた計画が思い通りにいかなかったり、

今日無駄な時間使っちゃったな、、、もっとできたなー--と後悔したり、

受験が迫ってきて「もっと早くからやっていればよかった」と思ったり、、、

運よく第一志望校に合格した私ですが、怠惰な性格の私の受験生活は、振り返ってみれば挫折だらけの毎日でした。

人生は自分が思い描いたレール通りにはなかなか進んでくれないものです。

脱線したり急停止したり、時にはバックすることもありますよね。

受験勉強もおなじで、皆さんも悩まされることがあるんじゃないかなと思います。

そんなとき、私はこの言葉を思い出して、

「今日はここから受験当日までの最初の日!今からやればいい!今から頑張れば遅いなんてことない!」

と自分を鼓舞してモチベーションをあげていました。

もし何かうまくいかなくても、今までのことを悔やむのではなく、

残りの人生のスタートの日である今日という日を大事に生きてください。

こう考えると、2か月という数字が少し長く感じられませんか?

残りの人生の最初の日は、毎日、訪れます!!!

どうか、一日一日を大切に、健康に、頑張ってほしいです。一緒に乗り越えていきましょう。

担任助手1年 北林