ブログ | 東進ハイスクール 二子玉川校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ 

2021年 10月 24日 ライバルの存在

テスト期間真っ最中や、終わり立ての人がほとんどだと思います。

勉強も、部活も、
成績を上げたい、うまくなりたい、
というモチベーションを保つためには
何が必要だと思いますか?
将来の夢?
次の模試の目標点?
どちらも正解で効果抜群です!
が、
一番効果があると思っているのは
‘‘ライバル”
という存在です。

学校にも、部活の部員にも
ライバルという存在はいると思います。
その人たちに勝ちたい、という気持ちで
勉強や部活を頑張っていると思います。

そういった存在を
ここ東進でも作ってほしいです!!
例えば、グループミーティングなどでは
受験科目や志望校レベルが似ている同学年がいると思います。

そのような近い存在の人と切磋琢磨しあえると
自分の学力は自然と上がっていきます

お互いに意識しあえるのが最高の状態ですが、
勝手に「この子をライバルにしよ」と
一方的に意識するのも全然いいだと思います!!

「掲示される模試の点数で〇位を目指す!」
と、校舎全員をライバルにするのもいいです!

高校2年生以下の人はもうすぐ東進では新学年
モチベーションを保ちながら頑張っていきましょう。

 

担任助手 春木

 

2021年 10月 23日 志望校を決めるには?

みなさんこんにちは!

最近寒くなってきて本格的に秋になってきましたね!
季節の変わり目は風邪を引きやすいと言うのでしっかり体調管理には気をつけましょ!!

さて本題に移ると、志望校って皆さんもう決まっていますか?

現在高1、高2のみなさんは面談を行なっていると思いますが、そこで志望校の話が出てくると思います。

個人的に色んな生徒に会ってきて、志望校が決まる生徒の特徴がわかってきたので何種類か紹介します。

①親の影響を受ける

これはあるあるかと思いますが、

みなさん志望校、志望学部を決める際にほとんどその大学の学部が何をやっているのか

わからないことってありませんか??



これって単純に知識がないだけで、

おそらく今まで関わったことのある社会人が親か学校の先生しかおらず、

そこで必然的に親の職業を見て憧れと共に志望大学が決まるパターンです。

その場合、悩んでいても仕方ないので一旦親を目標に置くことは悪いことでもなんでもありません。

何も決まってない人にはおすすめの目標です!

②将来やりたいことがぼんやりとある

これはレアケースですが、将来やりたいことが決まっている人ってなぜそれがあると思いますか??

それは私的解釈ですが、自分が今まで経験してきた楽しかったこと、

やりがいを感じたことをやりたいことに言語化できる人だと思っています。

例えば今まで委員会など人前に立つ経験をして来た人が、組織について学びたいので経営学部を志望するなどなど

自分の経験が将来を作るように、

それを言語化できるようになればこちらも必然とやりたいことがぼんやりと決まって来ます。

自分の将来って考えるのは難しいですが、

一旦決めてしまうと努力する姿勢も自然と形作られます!

なので面談があるこの時期に一度考えてみると今後の勉強にも繋がると思います!

大変な時はぜひ担任助手に頼りましょう!!

担任助手4年 今

2021年 10月 21日 まわりの人をもっと使おう

みなさんこんにちは!

最近Webページを作るための勉強をしていますが、

画面が頭良さそうに見えるので楽しい中根です

Webを作る勉強をするときは、自分は周りにいるつくれる先輩とか同級生にたよりまくって作っています。

これは受験に限らず勉強をする時には非常に大事な姿勢だと思います。

みんなはわからない問題があった時、模範解答は理解できたけど、

ぜ自分の解き方でうまくいかないのかわからない時、どうしていますか?

答えを探すだけならネット検索とかでわかると思いますが、

ぜひ周りの担任助手や学校の友達とかに質問してみてください!

自分の考え方と異なるものに触れることができたりするのでかなりおすすめです!

また教える側も教えることで自分の考えを整理し直せるので一石二鳥です。

質問しに行く時に肝心なのは

「自分はどこまでわかっていて、どこがわからずに詰まっていたのか」

を言語化することです。

意外とここで疑問が解けたりすることもあります笑

疑問はそのまま放っておかずに、ぜひ周りに頼ってどんどん解決していきましょう!

担任助手 中根

担任助手中根

 

2021年 10月 19日 カウントダウンは怖くない!

大学入学共通テストまであと何日か知っていますか?

なんとあと87日です!!
週末で言えばあと12回しかありません!13回目には本番の日が来てしまいます、、、
そう考える時間の流れが早いことを感じますよね。
100日をきると現実味を帯びてくるからか、校舎で話す受験生の皆さんにも焦りが見られます
私も昨年は同じように危機感を覚えていました!

ですが、危機感を感じるとともに意識的に考えるようにしていたことがあります
それは受験前日の自分を想像すること!!
なんかとてもシンプルな気がしますよね笑
受験前日の自分は次の日に受験を控えていて、時間も限られているのでどんなに勉強しておきたいことが残っていても限界があるはずですよね。
そんな時、今日10月19日のことを思ってどう考えるでしょうか?
きっと、

87日もあったのだからもっと苦手な分野を勉強すれば良かった、

時間を切り詰めていれば良かった、

スマホなんていじらずに勉強すれば良かったなど色々考えるはずです。
私はこの考え方をすることで、それならただ入試を恐れる時間は無駄だと気づき勉強に集中出来ました!
今日だけのことを考えるのではなくて、先を見据えて想像力を持って日々過ごしてほしいです!
不安な気持ちがあれば相談してください!
一緒に頑張りましょう!
担任助手 太田

2021年 10月 17日 低学年の皆さんに向けて!

みなさんこんにちは!
最近は急に寒くなって寒暖差に驚いています!体調を崩さないように気をつけないといけないなと毎日感じています、、、!

さて今日は低学年の皆さんに向けて話そうと思います!


ズバリ、今本気で勉強できていますか?


校舎の様子を見ていても、
受験生と同じくらい勉強できている人、部活が大変で受講との両立が大変な人、そもそも計画通り勉強が進まない人、などなど、様々な人がいます!


私が今回伝えたいことは「勉強するときは最大の集中力で行うべき!」ということです。


今後、受験生になっていくにつれて勉強の時間や学力の高さについての差は、
低学年の間の勉強量で差がつきます。
よく聞くことだと思いますので知っている人も多いと思いますが、
受験生になるとみんな気合を入れて勉強するのでなかなか差は埋まりません。

だからこそ低学年のうちの勉強時間と質が大切なのです。

しかし、みなさんの中には部活等でまとまった勉強時間が取れない人も多いでしょう。
だからこそ、忙しい中で生まれた貴重な勉強時間を大切に集中して行うことが大切です!

ついついスマホなどを見てしまったりしてませんか?
今の勉強時間で、何を学べたか、何を目的にその勉強をしたか、言えないといけませんし、
それほど質にも拘らないといけません。

低学年は、部活や学校のイベントなど勉強以外にも充実したものがたくさんあります!

だからこそ、勉強するときは最大限集中して、自分の学力に直結するような工夫をしましょう!

忙しい時が続くときは、隙間時間を使って高速基礎マスターを進めていくのもオススメです!

また勉強について不安なことがあれば校舎にいるスタッフに聞いてみてください!

10月の後半もがんばりましょう!

 

担任助手 松本