全国統一高校生テストに向けて | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2018年 10月 25日 全国統一高校生テストに向けて

こんにちは!一年前田です。

今日はいよいよ三日後にせまった全国統一高校生テスト、全統の話をしたいと思います!

全統は受験生はもちろん、高2生高1生にとっても、一年の中でかなり大事な模試となります。

受験生にとっては、言うまでもないですが、この模試が12月、つまりセンター直前模試の前最後の模試となります。

夏が終わってから入試本番の中間地点ともいえるこの模試は、残された時間をみながら現実的な伸びしろなどを考え、併願校などを改めて確認し、決めていくきっかけとなる模試でもあると思います。

高2生は、新高3生としてのスタートダッシュをきるきっかけとなる模試です。

皆さんもよくご存知のデータではあると思いますが、次のセンター同一模試、つまり本番から一年前のセンター模試で合格者との差はついています!

ではその一月のセンター同日模試までに何をすればいいのか、それを把握する模試となればいいと思います。

高1生は新しい共通テストに対応した模試となっています!

自分が2年後受けるテストが一体どんなものなのか、自分が早期に伸ばしたい、あるいは克服すべき科目は何なのかを考えるきっかけとする模試にできるといいと思います。

最後に、どの学年にも共通していえることは

①模試の前に自分の中で目標点を決めましょう!

→ただ何となく模試に臨むのではなく、自分が最近力をいれてきた科目や、先のことを見据えてどのくらいの点数をとっていたい、とるべきなのか自分の中で考えて受けましょう!後から結果が返ってきたときに、振り返りの指標となります☺

②復習をしましょう!

→これは毎回の模試でいわれることですが、模試は解きっぱなしでは本当にもったいないです!

成長のチャンスだと思って、間違えたところを確認するのはもちろん、時間配分ができていなかったと気づいたら解きなおしてみる、などしっかりと結果の分析をして、復習をしていきましょう!

全国統一高校生テスト、どの学年もベストを尽くして頑張ろう!

前田