古郡 22歳の抱負 | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2019年 7月 8日 古郡 22歳の抱負

こんにちは!
22歳の誕生日を迎えてから1ヶ月が経った古郡です。
こんな感じでまだまだお祝い受け付けてますよアピールをしていたら、

「じゃあブログのテーマは22歳の抱負で」

という指示が飛んできました。
前回のテーマも「夏至です」という謎のテーマを与えられ

(ブログのテーマは某先生が決めています)

古郡なりに頑張って書いた(つもり)のですが、

他の担任助手が大学生活や勉強法といった、とっても皆さんの為になるテーマを書いている中で、

「お前はそういうの書けないだろ」

と言わんばかりのこの采配。
担任助手4年目にしてどんなイメージを持たれているのか心配になります。
さて、前置きをこの辺にしておかないと本題より長くなりかねないので

(そして某先生に怒られるので)、

古郡の22歳の抱負、発表したいと思います。
じゃん!
「英語で会話できるようになる」
え、、なんかありきたり、、だし真面目でつまらん、、
なんて声は全力スルーでいかせていただきます。
なぜそう思ったのか??
今になって、自分が全く英語が喋れないことに気づいたから。
就職活動をしている中で、英会話面接や英語の4技能テストを実施する会社がありました。
今までリスニングやリーディングのテストは受験も含めて沢山受けてきましたが、英語をまっさらな状態で話す、というのはなかなか今までなかったので、ちょっと練習してみたんです。
そうしたら、、、

恐ろしいほど言葉が出てこない。

そもそも単語が思い浮かばない。
今まであまり英語に苦手意識はなかったので油断していたのですが、

「やばいな」

と思い始めました。
そんなところに追い打ちをかけるような出来事が起こります。
ある日お台場で、1人の外国人女性に英語で道を聞かれたんです。
言ってることは何とかわかるけど、やっぱり言葉が出てこない。
道はすごく単純なのに、うまく言い表せない。
結局、

「Follow me!」

とだけ言って現地まで連れていきました。笑
そんなこんなで危機感を覚えた古郡は、4年生になって、今さらながら東進ビジネススクール(高3生の人にはそのうちご案内します!)に入会し、英語の勉強を再び始めました。
なので今でも毎日高速マスターやってます。
加えて、大学でも英語でプレゼンテーションやディスカッションをする授業を履修したりもしています。
さらにさらに、古郡は今のところ航空会社に就職する予定です。
そこで最初に待っている仕事は…

空港のカウンター業務。
いわゆるグランドスタッフってやつです。
はい、英語必須ですね。笑
ということで古郡は22歳のうちに、最低限の英語を喋れるようになるべく、皆さんに負けじと頑張っております。
そして皆さんに伝えておきたいのは、

少しでも「自分が話す」ことを意識しながら英語を勉強しておくと後々便利かもよ!ということ。
現高2生以下の人は、入試制度改革で嫌でも4技能に触れる機会が増えると思いますが、古郡が受験生だったときは英語の勉強はほぼほぼリーディングの勉強しかしていませんでした。
そうすると、このような「英語は読めるけど話すことはできない人間」になります。笑
音声教材を使って音読をする、英単語を覚えるときに、日本語に訳すだけではなく逆に日本語を英語にする練習をする、など、できることはいろいろあると思います!
ちなみに古郡は、いつも駅から自宅までの帰り道に、脳内で「今日一日を英語で振り返る」というのを最近やっています。
ということで、皆さんと一緒に勉強頑張っていきたいと思います!!
では!!