直前期!努力の時期! | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2020年 1月 5日 直前期!努力の時期!

こんにちは。

明治大学農学部3

鹿住周です。

 

年が明けて、

受験生にとっては

正真正銘の受験直前期となりました。

 

 

私の記憶だと

この受験直前期は私にとって

「不安」な時期でした。

 

 

本番までにどこまで伸びるのか不安になり、

本番で力を出し切れるのか不安になり、

本番が不振だったらその後の試験も不安で、

その後の試験が不振だったらと想像してさらに不安が積み重なりました。

 

不安だと感じている

自分の内面に向き合いはじめると

より本格的に不安になるし、

勉強以外へ気持ちを逸らせば

すぐにそれが焦りに姿を変えて

不安を増大させたり

 

 

振り返ってみると、

受験直前期の私は

不安を払拭するため

に勉強をしていた部分があります。

 

 

その勉強で

自分が設定したハードルを上回れずに

余計に不安になったりもしました。

 

 

けれど、

 

不安を感じることは

今までの努力や将来への影響を考えれば

当然だし、

不安の原因を考えれば

結局は学力に自信がないことだったので、

伸ばせるところを伸ばすための努力をするしかないなって思っていました。

 

 

だから受験直前期の私は、

不安は抱えていたけれど

やるべきことをリスト化して

たんたんと勉強していたと思います。

 

それによって不安の原因であった

学力面の自信が少しずつ回復し、

不安も払拭され好循環が生まれました。

 

 

なので、

私は受験直前期の不安な気持ちはわかります。

けれど、

やるべきことをやらない理由にはならない

と思っています。

 

 

皆さんはこれまでたくさん時間を

受験勉強に捧げてきたと思います。

しかし

受験直前期になり不安や焦りによって、

自信が持てなくなったり

これ以上の努力が無駄に思えることがあるかもしれません。

 

でも、

するべき努力はしてほしい

と願っています。

 

受験直前期に手を抜いたら

今までの努力がもったいないし、

きっと後悔します。

 

今日からの勉強でもまだ結果は変えられます。

受験直前期は

良くも悪くも結果を大きく変えます。

 

 

直前期は一番キツイ時期だと思うけれど

今こそ努力の時期です。

だからこそ本当に応援しています。

 

担任助手三年 鹿住周