音読の大切さ | 東進ハイスクール二子玉川校|東京都

ブログ

2018年 9月 25日 音読の大切さ

みなさん こんにちは~

1年の今澤です。

今回は音読の大切さについて語っていきたいと思います!

みなさんは音読をしていますか????

東進の英語科の先生たちが口をすっぱくして 音読! 音読! 音読! と言っているのですから

してないわけないですよね??

もしやっていないという人がいたら、もう今日から始めてください!!!!

自分が受験生の頃は毎日寝る前に15分~20分は音読をやっていました。

音読を始めて何が変わったかというとまず圧倒的に英語の長文を読むのが早くなりました!

一定のペースで声に出して読むことによって頭にそのペースで読む速さというものが定着し、センターですと15分

~20分余るくらいの速さで読むことができました!!

よくどれくらいの量の文を音読すればいいのですか?という質問を受けるのですが、あまり長すぎる長文を読むこ

とはおすすめしません。

なぜならその場合最初は文意が取れていてスラスラ読めるのですが後々ただ声に出しているだけの状態に

なってしまい集中力が続かないからです。ですので構文書などを音読するのをおすすめします。

また何分くらい音読すればいいですか?という質問も受けるのですが、長ければ長いほどいいです。

自分は閉館から帰ってきて1時間も音読する気力がなかったため、15分~20分ほどやっていましたが最低これくらいは

やるべきだと思います!

音読の効果は1か月以上続けることによってでてくるので根気強く続けなければいけません。

一回でもさぼると、そのあとサボり癖がついてしまうのでまずは音読を習慣化しましょう!

疑問などあったら何でも聞きに来てください!!

二子玉川校1年今澤哲平